青年モラトリアムの読書譚

人生のモラトリアム真っ只中の青年が、読んだり、考えたりするブログです。

読書感想|今野晴貴『ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪』文春新書

 

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

あの有名企業も「ブラック」化している!
若者を使い捨て、日本の未来を奪う。その恐るべき手口とは?
1500件の労働相談が示す驚愕の事実。

いまや就活生の最大の恐怖「ブラック企業」。大量採用した正社員を、きわめて劣悪な条件で働かせ、うつ病から離職へ追いこみ、平然と「使い捨て」にする企業が続出しています。
著者は大学在学中からNPO法人POSSE代表として1500件を越える若者の労働相談に関わってきました。誰もが知る大手衣料量販店や老舗メーカーの新入社員集団離職など豊富な実例を元に、「ブラック企業の見分け方」「入ってしまった後の対処法」を指南します。
さらに恐るべきは、日本社会そのものがブラック企業の被害を受けているということ。若者の鬱病、医療費や生活保護の増大、少子化、消費者の安全崩壊、教育・介護サービスの低下――「日本劣化」の原因はここにあるといっても過言ではありません。その解決策まで視野に入れた、決定的な一冊です。

 

 著者は労働NPOの代表である。やはりブラック企業に使い捨てられた若者の悲痛な叫びを直に聞いておられるからだろうと思うが、文章に鬼気迫るものがある。ブラック企業はあの手この手で若者を食いものにしている。

 

「人格を傷つけるような暴言を含む異常なハラスメントの数々がまかり通るのは、常日頃から社員が恐怖によって支配され、社内の価値規範を強固に内面化しているからに他ならない。例えば、ここでいう社内の価値規範は、人事部執行役員による入社式の挨拶に端的に現れている。

 『お前たちはクズだ。異論はあるだろうが、社会に出たばかりのお前たちは何も知らないクズだ。その理由は、現時点で会社に利益をもたらすヤツが一人もいないからだ』

 『営利団体である企業にとって赤字は悪だ。利益をもたらせないヤツが給料をもらうということは悪以外の何物でもない。だから、お前たちは先輩社員が稼いできた利益を横取りしているクズなのだ』

 『クズだから早く人間になれ。人間になったら、価値を生める人材になり、会社に貢献するように』

これらはすべて執行役員の発言である。入社初日から、『新卒は歓迎されていない』ことを知らしめられた新入社員たちだったが、その翌日から始まる過酷な新人研修のなかで執行役員の『コスト=悪』という価値観を叩き込まれていく」(p.29)

 

 こんなの序の口。ブラック企業にとっては新卒など「クズ」にすぎないのだ―。本書では第一章「ブラック企業の実態」、第二章「若者を死に至らしめるブラック企業」で他にも多くの実例が紹介されている。胸くそ悪いことこの上ないが、さらに引用する。

 

「(前略)こうした行動の徹底的な管理の他に、企業理念や社の基本方針などを、とにかく暗記させられたという。『研修までにそれら(企業理念など)を覚えてこいといって宿題があって、入社式の前にもテストがありました。丸暗記してグループ全員で順番に唱えるというのもありましたね。連帯責任で』。そして、2~3時間かけても言えないグループは次の日まで続く。寝るまで、会場が閉まるまで、とにかく続く。この暗記に耐えられず、早くも辞めていく者がでる。

 『6人くらいでグループが組まれるんですけど、全員できないと合格にならない。うちの班で一人だけ覚えてこなかった人がいて、全員の前で「みなさんのお時間をください」って泣きながら言わされていました。あれはめちゃめちゃ辛かった。その女の子は一カ月で辞めましたね』

 『私のときも覚えてきてない人がいる班があって、その子が覚えるまでみんな寝ないで必死に覚える協力をしていました。覚えてきていないことで反感を買って、トラブルが起きている感じもありました』

 (中略)このように、ひたすら精神面の指導が行われる。研修では『感受性』という言葉が頻繁に用いられた。さらには、『手の挙げ方がきれいで笑っていないと、手を挙げていても挙げていないとみなされる』こともあった。

 はじめは違和感をもっていた新卒たちも、次第に『染まっていった』という。Aさん曰く『経営者に染まった方が楽ですね。染まれない方がつらいと思う。私も染まって、講師が質問を言い終わった瞬間、みんな我先に『ハイッ』と言うようになっていました」(pp.47-48)*前略・中略はブログ管理人。

 

 洗脳は洗脳と気付かれないうちに洗脳されるから洗脳なのである。あたりまえではあるが―。さて、労働者本人は洗脳された事に気付かない。場合によっては社会人として当然の洗礼ないし通過儀礼と考える。新卒ならば尚更、疑問を差し挟む余地はないであろう。よほど強靭な自我を保っているか、客観的に物事を考える訓練をしていなければ、組織の論理を絶対視することになろう。だって、組織の論理に抗うことよりも従うことの方が楽なのだから。

 ちなみにこれ、とある超大手・グローバル衣料品販売店の実話だそうだ。名前は伏せられているが、なんとなく社名に察しはつく。

 超大手と言えども安心はできない。ちょっとビックリするような話もある。ちなみに、月80時間以上の残業は厚生労働省の定める過労死ラインにふれる。

 

東京新聞が独自に行った調査によると、東証一部上場企業の売り上げ上位100社(2011年決算期)のうち、約7割が過労死ラインを超える36協定を提出していた。生理的に必要な睡眠時間を確保するような働き方は、多くの会社で未だに現実のものとなっていない」(p.96)

 

 数か月前だろうか。「寝ずに働いたぐらいで人からお金はもらえない」と語った大手証券会社の知人がいた。恐ろしいと思った。彼のこの言葉を額面通りに解釈するならば、それは違法労働を容認するということである。36協定も青天井ではない。彼は一社員の違法労働が会社全体に与える社会的損失を考えたことがあるのだろうか。違法労働を容認するコンプライアンス意識に乏しい彼が、得意げに(ラインで)語るのを見ながら、嗚呼、この人は違法労働に耐えることが立派な社会人だと「洗脳」されたのだなと思った。彼はまた彼の後輩たちにも同じスタンスで接するのだろう。違法労働の再生産である。

 そもそも日本型の雇用制度自体が変質してきたのである。この前提をふっ飛ばして「働け、働け、働け」とがむしゃらに言っても仕方ないと思う。本書を通してその思いを強くした。自身の経験を過剰に一般化して、若者の就労意識の低さにすべての責任を帰するのは暴論である。若者の意識の問題に情緒的にすり替えても、構造を論理的に分析しなくてはブラック企業の病理はみえてこない。そう思う。

 

「日本では厳しいノルマや長時間労働が課せられてきたが、それらは『くらいついていけば、将来がある』ものだった。しかし、ブラック企業の命令に従うと、戦略的に退職に追い込まれるかもしれない。本当に意味のある業務命令なのか、辞めさせるための業務命令なのか、それは、若者自身にはわからない。

 (中略)最近、『厳しく育てようとすると、パワハラだと感じる若者が増えている』というデータが各所で示されている。ブラック企業からの相談を受けている私からすると、これは若者の『受け止め方』の問題ではなく、実際にブラック企業という『リスク』が存在するために自然と発生した自衛的な思考である」(p.168)

 

 その通りだと思う。ブラック企業の存在で最も被害を被っているのは、本来は就業意欲溢れるにも拘らず、夢も希望も踏みにじられた若者、そしてその他多くの「まともな企業」である。

 

「若者の企業に対する信頼を、社会総体の中で解体させてしまったことにこそ、ブラック企業の罪悪がある」(p.168)

 

 ブラック企業の発生原因として、終身雇用制と年功賃金制を軸とする日本型雇用とブラック企業との構造的な親和性は別途考えなくてはならないと思う。このあたりの話はぼくも今、いろいろ考えている最中である。

 しかし一方で、個人のレヴェルで何をするべきか、という点も考えるべきであろう。本書を通して強く感じたのは、自身の身を守るのは、結局は自分。そのために社会の不条理と対峙する「備え」をしておく必要があるということ、である。それは、本書で著者が示す「戦略的思考」という発想と連結する。著者は、

  1. 自分が悪いと思わないこと、
  2. 会社が言うことは疑ってかかること、
  3. 簡単に諦めないこと、
  4. 労働法を活用すること、
  5. 専門家を活用すること、

を、「鬱(うつ)病になる前の戦略的思考」として提唱する。中でもぼくが面白いと感じた指摘は②に関連している部分である。以下、引用する。

 

ブラック企業は若者を使いつぶす戦略を持って、向かってくるのだ。

 したがって、自分の身を守るためには、とにかく『疑ってかかる』目線が必要になる。(中略)Yの事例では、度重なるカウンセリングとハラスメントによって鬱病に至っていたが、彼らにハラスメントを繰り返していた上司は、実は『慕われていた』。ハラスメントが続く日々の中、ある日の休み時間にキャッチボールにつきあってくれた、というのがその理由だ。不満が会社に向かわないように、一瞬『やさしく』接する。これも戦略の内だったわけだ」(p.127)

 

 なかなか胸くそ悪い話が満載であるが、汚いものは見ない。見なかったことにする。というのでは、ブラック企業の思う壺である。ぼくは大学ではむしろこういう汚い部分への対処法をこそ教えるべきだと思う。ふわふわと宙に浮いた抽象論ばかりやっていても仕方ない。一回生からキャリアの話したって仕方がない。

 

「本来キャリア教育には、権利教育としての側面もあり、これによって違法状態への対応能力を身に付けさせることもできるはずだ。ブラック企業は最大の『キャリアの敵』なのであるから、ここから身を守る方法を、子供たちに教えるべきだ」(p.224)

 

 それこそ、ブラック企業の経営者を講演に呼んでもよいし、労働NPOの職員と論争させてもよいと思う。上述した証券会社の彼を呼んできて、「寝ずに働くことの妥当性」を語ってもらってもよい。なにより社会の暗部を知ることは、生き抜く上できっと有益であろう。「悪の現象学」とか銘打って講義にしてみようではないか。いかがだろうか―。