青年モラトリアムの読書譚

人生のモラトリアム真っ只中の青年が、読んだり、考えたりするブログです。

読書感想|松岡圭祐『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』講談社文庫

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

シャーロック・ホームズが現実の歴史に溶けこんだ。いかに彼は目撃者のいないライヘンバッハの滝の死闘で、モリアーティ教授への正当防衛を立証し、社会復帰しえたのか。日本で実際に起きた大津事件の謎に挑み、伊藤博文と逢着する。聖典のあらゆる矛盾が解消され論証される、20世紀以来最高のホームズ物語。

 

 ヤバい本がでた。どれぐらいヤバいかは、本書のタイトルが物語っている。その名もシャーロック・ホームズ伊藤博文。ホームズとは、英国が生んだあの名探偵シャーロック・ホームズのこと。伊藤博文とは、あの明治の政治家・伊藤博文のこと。この二人が明治の日本で邂逅し、力を合わせて日露のみならず世界を震撼させる大津事件に挑むというのが本書の概略なのである。

 な、ヤバいだろ―。聞くからにヤバそうだろ。

 いったい著者はどういう経緯で本書を執筆するに至ったのだろうか。著者の動機が何処にあるかは知らねども、少なくともこのキャッチーなタイトルがミステリー好きの読者の琴線に触れること請け合いである。

 しかし、である。奇をてらっただけの思い付きが先行して中身が伴わないならば、本書の読者からクレームが入りかねない。なにせこの手のミステリー物の読者は「超」がつくほどのファンも多い。牧野伸顕卿か、はたまた工藤新一ならずとも、シャーロキアンは現下の日本にも少なからず存在するのだから。彼らの厳しい審美眼に適うものでなくてはならない。しかし本書を読み進めるにつれて、その懸念が杞憂であることが分かった。さすがミステリー界の寵児・松岡圭祐氏である。並みの作家ならば名前負けしてしまうこと必至である本書を見事に仕上げている。

 じつはホームズのパロディという構想自体は何も目新しいものではない。日本だけでなく、中国やロシアなど世界中でホームズのパスティーシュが刊行されている。中には日本語に翻訳されているものもあり、ぼくの書斎にも、そのうち何冊かがうず高く積まれたまま積読状態になっている。いずれ片さねばと思う。

 しかしそれらと比しても本書は特別なのではないかと思う。なにせ登場人物は、ホームズ日本滞在中のワトソン役たる伊藤博文はもちろん、彼と同じ長州閥の井上馨や、陸奥宗光ら明治の重鎮たち、ロシア皇太子ニコライ、津田三蔵らである。読者としては、次には誰がでてくるのだと気が気で仕方がないという心境なのである。

 本書で登場する彼らの名に親しみのある、日本史に多少なりとも通暁する読者は、彼らとホームズとのやりとりを目にして、わけ知り顔でニヤニヤしてしまうに違いない。これは海外のホームズパロディを読むうえでは中々味わえぬ、特権的な愉しみ方となろう。

 あの時代の社会状況を知る現代に生きるぼくらとしては、さて松岡。次はどうフィクションを史実と絡ませるのか。お手並み拝見、といった具合で鷹揚と構えてついついページを繰ってしまうのである。何とも巧みである。

 肝心のホームズも、コナンドイルの原作に劣らぬ冴えた思考で名推理を披露する。そんなホームズのみせる、伊藤との軽妙なやり取りも小気味よい。そのうちの一例を以下で引用してみる。

 

「伊藤は半ばうんざりしながら静止した。『ぼくらの会話はわからなかっただろう』

『いいえ。新聞記事とおふたりの表情から察しはつきます。日本に帰国されるおつもりでしょう。祖国の乱心などほうっておくべきです。自分の身を第一に考えてください』

『乱心じゃない。攘夷だ』

ジョーイ?誰ですか』

『人じゃなくて思想だよ。理解できなくて当然だ。そこをどいてくれ』」(p.47)

 

 それにしても、本書で松岡の描く時代背景は緻密で、フィクションを史実と調和させるミステリーの部分はよく練られている。前者について言えば、例えば、英国からの長い航海の末、日本の地を踏んだホームズが日本の庶民に対して抱く感想など、推理の本筋からは少しそれる情景描写などもよく創りこまれている。芸が細かいというか、それでいてマニアック過ぎず絶妙である。

 

「ホームズはその場で服を脱ぎ水浴びをした。ロンドンでは奇行にちがいないが、ここではかまわないと思えてくる。周りは半裸の男だらけだ。

(中略)着替えている最中、近くを子供たちが駆けまわった。荷物を盗まれるのではないかと警戒したが、誰もそのような挙動に及ばなかった。着替えを終えて歩きだしてからも、子供たちは笑いながらついてくる。物乞いを疑ったがそうでもないようだ。ただホームズの容姿を珍しがっているらしい。子供たちは母親とおぼしき夫人らに駆け寄り、ホームズを指さした。なにか言葉を交わしている。見上げてくる母親たちの表情から察するに、背の高さに驚いているようだった」(pp.95-96)*中略はブログ管理人

 

 本書の情景描写に触れるたびにぼくはビゴーの描く当時の日本の習俗を思いだしていた。本書の読者は推理物好きの方も多いと思われるが、『ビゴーが見た日本人』(講談社学術文庫)などをあらかじめ参照されてみると、より具体的に想像力が刺戟され感情移入が深まるであろう。ぼくは思いきって本書の歴史小説としての楽しみ方をも提案したいと思う。

 

ビゴーが見た日本人 (講談社学術文庫)

ビゴーが見た日本人 (講談社学術文庫)

 

 

 とはいえ本書は推理小説である。読んでない者へ向けて余り多くを語るのは相応しい行為とは言えないかもしれない。なのでこの辺にしておく。兎にも角にもお薦めです。